Cetusの徒然なるままに Birthday letter + α 忍者ブログ
Sonyaが運営するCetusの徒然なる日記にです
カテゴリー
* 未選択(14) * HP(19) * サイト関連(42) * Alan Rickman(7) * PC版 拍手Re(24)
  カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  最新コメント
[12/18 たま丸]
[12/27 alo]
[10/13 alo]
[09/11 ひとみ]
[09/03 紅]
  プロフィール
HN:
Sonya
HP:
性別:
女性
  最新トラックバック
  カウンター
  ブログ内検索
  バーコード
  フリーエリア
  アクセス解析
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
2017/04/29 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/02/25 (Wed)
先日書いた、アランへのBirthday message前に一回公開してるし
どうにでもなれという事でここでも公開しますが
基本的に、英語に正解はないのでこれで十分通じるそうです

学校で習ったような、綺麗な和訳は出来なので
その辺はあらかじめご了承下さい
最初の方の簡単な英語は訳をカットします

あっ、手紙の後にSonyaなりのセブたんが闇へ落ちた理由も書いておきます
興味のある方はどうぞ・・・・・
是非、皆さんのご意見も聞いてみたいのでカキコをお願いします


Dear Alan (Rickman)

Happy birthday to you.
Hello. How are you?
I live in Japan is 24-year-old Sonya.
I wrote a letter to convey best wishes on your birthday.
( お祝いの言葉を伝えたくて手紙を書いています )

I saw you for the first time in "Love Actually".
( あなたを始めてみた映画は"Love Actually"です )
I was touched by the expressions and your acting, I fell in love.
( あなたの演技に感動するとともに、私は恋に落ちてしまいました )
You are making a very serious opportunity to learn English to me.
( あなたは私が真剣に英語を作るきっかけも与えてくれました )
My efforts have led to the more I want to understand your role in the movie
( 私が努力し続ける事が出来るのは、あなたの素敵な声を聞き
and enjoy your wonderful voice.
そしてあなたの演じる役をもっと理解したいという思いからです )

In Japan, the work is not yet released "The Search for John Gissing".
( 日本未発売ですが、"The Search for John Gissing"が
But this is my favorite movie.
一番好きな映画です )
This is one of the most entertaining movies I've ever seen.
( 今まで見た中でも一番面白いと思う映画の一つです )
Perhaps I shouldn't say so, but here's the final dance scene felt very cute.
( こんな事をあなたに言うのは失礼かも知れませんが、最後のダンスはとてもキュートでした )
You can perform both serious and comical characters.
( シリアスな役からコミカルな役まで演じきるなんて )

I'm sorry, I haven't seen all your movies yet,
( まだ、あなたの出演している映画の全てをみていません )
but I'll do some catching-up and watch all of them on video or DVD.
( でもビデオやDVDの全てを見ていくつもりです )

Would you do me a small favor?
( 小さなお願い事をしてもいいですか? )
I hope you'll find time to visit Japan some day to see us.
( 一日でいいので、私たちに会いに日本へ来てもらえませんか )

I'm looking forward to seeing Harry Potter and the Half-Blood Prince.
( ハリーポッターと謎のプリンス楽しみにしています )
Please take care of yourself and keep making great movies.
( どうか体に気をつけてください、そして素敵な映画が作れますように )

Best wishes from a Japanese fan of you.
( 日本のファンより心を込めて )
Love from Japan Sonya
( 日本より愛を込めて ソニア )

こんな感じです・・・・訳してて恥ずかしくなりました
完全にラブレターですよね(笑)
ちなみに英語は接続詞がなくても十分に通じます。
映画でも本当はないのに、字幕には付いているパターンも多いですしね。
あれっていつも不思議に思うんですけど
所詮は分かりやすくする為の訳なんでしょうね。


さてさて、気を取り直して別の話に
お題 : セブルスが何故、リリーを愛していながら闇に落ちたのか

セブルスは幼少の頃、家庭に恵まれず暗い幼少期を過ごしました。
彼にとってリリーとホグワーツは希望の光だったのでしょう。
ですがリリーとは寮が離れ、スリザリンでも彼は闇の魔術に詳しすぎて
孤立し異端児扱いで、友にも恵まれなかった。
その上、リリーにちょっかいを出すジェームズの存在。
才能に溢れ、優秀なジェームズに対抗出来るのもと言ったら
誰よりも詳しかった闇の魔術。幼いながらに考えた結果
力があればリリーが振り向いてくれるってかんじでしょうかね。
多感な思春期に受ける影響は強いはずですから
それと最終的に、闇に落としたのはリリーだと思います。
彼女も子供だったんですが、頭ごなしに否定するのではなく
彼が元々抱えている闇に手を差し伸べていればと思うんです。
そもそも、闇の魔術が悪いものだって認識が低いんです。
彼の育ち方も考えれば、あのやり取りだけで分かれと言う方が無理ってもんです。
いくら、彼女がセブルスにとって特別の存在だとしても・・・・・

長々と語ってしまいましたが、皆さんはどう思われますか?
ご意見お待ちしております。
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *